セランガンバツ~ウッドデッキに用いるには最適|通販なら天然木材へ

セランガンバツー材について

デッキ材_セランガンバツー

セランガンバツーはインドネシアのスマトラ島やボルネオ島などや、マレーシアが主な原産地となります。フタバガキ科の広葉樹になり、別名は「バンキライ」「イエロー・バラウ」などと言われます。

このセランガンバツの原木は直径1m前後で、高さは50~60mと大木になります。その為、長い板として材が取りやすく、樹皮は褐色で縦に割れています。

色合いは心材と辺材の境目がはっきりしていて、心材については黄色っぽい褐色から赤褐色をしています。辺材は逆に淡色になり、時折灰色の染みなどがあります。

セランガンバツーは伐採される以前から芯抜けになっていることも多く、内部が虫食いなどの被害が見られます。虫食いのない木材はピンホールと言って、大体2~3割程度しか取れないほどです。このピンホールはエクステリアなどのウッドデッキ材としてよく施工され、販売されています。

セランガンバツーはコスト面においても優れていて、ウッドデッキ材としては専門職の方からも人気が高いです。それはセランガンバツーの持つ耐久性もあり、雨水などのかかるような悪条件の中に置いても15~20年は持つと言われているからです。また、耐腐食性も良く、防腐剤などの薬剤処理も必要のない木材です。

セランガンバツーの特性

セランガンバツーの用途

先ほどもお伝えした通り、セランガンバツーはコストパフォーマンスに優れています。その為、住宅などのウッドデッキ材として他の木材と比較されることも多いです。

国内の大きな使用例としますと、大阪国際空港の展望デッキや、東京お台場にあるデックス東京ビーチなんかでも採用されているようです。海外でもデッキ材として人気があり、原産地近くのオーストラリアやニュージーランドはメジャーな木材と言えるでしょう。

大阪国際空港_展望デッキ_セランガンバツー

セランガンバツーの特徴

セランガンバツーの原木は真っ直ぐ高く育ちます。その為、ハードウッドのイペや、ウリン比べて4~5mも長く生産が出来ます。この生産性の良さから、供給量も安定し、国内に丸太の状態で輸入されることが多いので如何様にも加工が出来ます。ハードウッドで丸太ごと運ばれてくることは珍しいそうですが、それは先ほどもお話したように、木材の内部が害虫によって被害を被るからです。ハードウッドの中でもセランガンバツーは比較的多くピンホール(虫食いが無いもの)が取れることで、丸太の状態で運べるというわけですね!

また、セランガンバツーはハードウッドのくくりではありますが、イペやウリンほど硬くはないので加工もしやすいそうです。

チークの約2倍近くの強度があり、シロアリや菌などにも強く、ウッドデッキの木材としてはとても優れた材になります。

 

↓↓ セランガンバツーの他、イペやウリンのデッキ材はこちら ↓↓

セランガンバツー_イペ_ウリン

選ぶ際の注意点

フタバガキ科ではヒラタキクイムシという害虫がいるようですが、セランガンバツーには付かず、原木から製材後においても害虫の心配はありません。

しかし、セランガンバツーは経年変化によって、木材の色味が変わってきます。特に屋外での使用が多いことで、その変化も他の木材に比べると早いです。初めは濃色のデッキ材でも、最終的にはシルバーのような色へと変わっていきます。色合いは変わりますが、耐久性などの強度の問題においては問題はありませんのでご安心ください。

購入当初に見た色をずっと想像していると、数年後、悲しくなってしまうので、あらかじめ最終的にどんな色になるのかを想像しながら購入することをおすすめいたします。デッキ材にセランガンバツーを選ばれる方は、逆にその変化をも楽しむことで愛着が出て、デザインとしても楽しめると好評です。

ウッドデッキ_セランガンバツー

セランガンバツーの耐久性

何度もお伝えしている通り、セランガンバツーの耐久は非常に高いです。

雨水や風にさらされても10~20年は持ちます。経年変化も楽しめて、害虫の心配もいらないことで屋外で放置していても良い、メンテナンスフリーな木材と言えるでしょう!これはデッキ材としてはかなり嬉しい特性ですよね。

また、先ほどから何度か出ているピンホールですが、屋外での使用であればピンホールでなくても使用は可能です。ただ、ささくれなどが起きやすいことがあるので素足で歩くのには注意が必要かもしれません。

そして、塗装についても防腐剤などの塗装の必要もありませんし、経年変化を楽しむために塗装をしない方もいます。中には、本当にデザイン性から色が付いた塗装をされる方もいらっしゃいますし、ひび割れ防止や、撥水対策として塗装をされる方もいらっしゃいます。

セランガンバツー_デッキ材

資源が豊富なセランガンバツー

セランガンバツーは他のハードウッドの供給量よりもはるかに多いことで、ここ数年で見直されてきた木材と言えます。と言うのもイペの生産量が減少し、イペの価格が高騰したことで他の木材として人気が急上昇したのが要因の一つとしてあります。

セランガンバツーについてはイペとは違い、資源が豊富で品質や流通量においても安定しています。その為、大型物件(公共施設や国の建物)などに使用されることが多く、セランガンバツーの特徴から将来的にメンテナンスを考慮した場合にも適役だったのでしょう。

入荷が安定していることだけではなく、丸太で運ばれることで大断面の材を取りやすいことも人気の特徴です。ウッドデッキだけではなく、ウッドフェンスや、パーゴラと言われる最近人気の藤棚のようなものでも使用されます。また、屋外用のテーブルチェアなどのセットもセランガンバツーで作られることもあります。

これを聞くと、外で木材はセランガンバツーで統一すると間違いないような感じがしますね!人気が出るのも理解できます。

セランガンバツー_パーゴラ

セランガンバツーの環境評価

東南アジアに広く分布するフタバガキ科の代表格であるため、この地域に分布する熱帯林の豊かな生物の多様性と価値は世界が認めるもの。WWFやユネスコなどの保護区やスポットとして指定されることで保護価値の高い地域であることが伺えます。

未開拓地の森林も残っていることで、天然の林から生産されるものもあり、合法違法を問わず大規模に天然林施業が行われている。その背景によって、生態系への影響も少なくないようで少しづつ見直しがされているとか。

有数の熱帯木材の生産地であるインドネシアやマレーシアでは、昔から違法伐採や貿易問題の根は深いようで、様々な癒着や汚職によって森林管理行政が阻害されることもあったという。そういった面は今後についても課題とされることでしょう。

インドネシアやマレーシアから日本までの輸送は直線距離で大体6,000㎞以上。この長い距離を木材たちは運ばれてきます。最近では経由で中国で停まり、そこで加工をしてから日本へ入るといった加工貿易も盛んになり、それを考えると6,000㎞では済まないほどの距離を旅してきているということになってくる。

この長い旅路を来れるのはセランガンバツーの耐久性あってのことかもしれませんね!セランガンバツーの「バツー」は現地の言葉では「石」を意味します。それほど重硬であるということが伺えます。現地では造作材として使われることも多く、日本とは違う文化や風習によって用途は変わってくるようです。

インドネシア_原生林

セランガンバツーのまとめ

ウッドデッキ_展望

セランガンバツーが人気の理由や、デッキ材として多く利用される理由がわかりましたね!

そして長い道のりを経て、私たちの手元に来るという壮大な旅路は知らない人も多かったのではないでしょうか?そう考えるとセランガンバツの良さや価格は理解できるように思えます。

これからウッドデッキをつくろうと考えている方は是非、セランガンバツを候補の一つとしてご検討いただければ嬉しいです!ホームセンターなどでも購入は可能ですが質の良さを求めるのであれば専門店などがおすすめです!

他にも、最近コロナの影響でテイクアウトが増えたので、店舗の表部分に窓口を作ることで、受け渡しの簡略化ができますから、造作材としても使用が可能です。こちらはちょっとしたリフォームなどでも増設できるので、おすすめですよ!

どの木材もそれぞれに良し悪しがあり、国内外問わず、皆さんの手元に加工された状態で届くまでに色々な背景があるのがわかります。このバックボーンを知って使用すると、より一層愛着が湧くように思います。

 

↓↓ 併せて読みたいコラムはこちら ↓↓

ピックアップ商品

受付時間:08:00~17:00 (土、日、祝(第1・3土曜日を除く))