無垢フローリング【ブラックウォールナット】

無垢フローリング【ブラックウォールナット】

無垢フローリング ブラックウォールナット
クルミ科クルミ属のブラックウォールナットは半環孔材の落葉高木広葉樹です。チーク、マホガニーと並び世界三大銘木の一つに数えられています。北米産ウォールナットの中で代表的なブラックウォールナットは、真正のウォールナット種の一つで、主にアメリカのミズーリー州、オハイオ州、インディアナ州、またカナダのオンタリオ州などを中心としたアメリカ北東部(北米東海岸北部から五大湖周辺)に分布し、イースタン・ブラックウォールナットや、アメリカン・ウォールナットと呼ばれる事もあります。
日本において「ウォールナット」と称される材は、一般的にこのブラックウォールナットを指しています。
この材が「ブラック」ウォールナットと呼ばれるのは、材が暗色であるのに加え、樹皮も暗色で深い溝がある為だと言われています。古くから家具材として使用されてきたヨーロッパ産のヨーロピアン・ウォールナットと比べ、ブラックウォールナットは色合いが濃く、白太と呼ばれる辺材が比較的少ないのが特徴です。
なお、ブラックウォールナットの原木は霜に弱く、砂地を好みません。十分な日照を確保出来る肥沃で湿った土壌を好み、林野の中では川沿いや隅の方に生えている事が多いです。
ブラックウォールナットの最大の魅力は、何と言っても紫色がかった暗褐色の深い色合いと、その美しい木肌です。製材直後の木肌は明るい色をしていますが、辺材と心材の境にあるフェノール酸化酵素が空気に触れる事によって、数時間で濃い鮮やかな紫を帯びた暗褐色へと変化します。
また、立木は空に向かってまっすぐに成長するため、多くは穏やかで流れる様な木目を持ちます。部分的に含まれる波状や巻毛状の木目と混じりあう事によって、独特の美しい表情を作り出します。
加えて幹が細い為、製材すると暗褐色の心材だけでなく、シラタと呼ばれる辺材も現れます。深いチョコレート色とクリーミーな白色のマーブル模様は、無垢材ならではの唯一無二の表情を生み出します。その独特な色のコントラストは、他の樹種に着色しても再現が困難な事から、その価値をより一層高めています。
もう一つの魅力としましては、優れた加工性にあります。適度な堅さと粘りがあり、蒸し曲げに対する適性が良く、接着性にも優れています。乾燥後の温度や湿度による狂いが少なく、鋸断性、鉋削性ともに良い為、造形を美しく仕上げる事が可能な材です。塗装性も良く釘の保持力にも優れ、狂いも少ない事から、精度が要求される椅子などに多く用いられました。
こうした加工性に加え、稀に魅力的な杢が生まれ、特別な表面材になります。縮み杢、バール杢などが混じり複雑な模様を形成するフィギュアード・ウォールナットや、カキ殻のような渦巻き模様の化粧板であるオイスター・ベニヤ・ウォールナットは、多くの木工家や楽器メーカーを魅了しています。彼らはそうした杢を加工表現に活かし、好んで使用します。
ブラックウォールナットは当初深い暗褐色ですが、光に当たる事で徐々に黒味、紫味が抜けていきます。これは紫外線による影響が大きく、紫外線を吸収する事で含有するタンニンが酸化し、赤褐色を経由して黄味がかった明るい茶褐色へ変化します。太陽光が降り注ぐ場所では、その変化が大きく現れます。
色だけでなく、木肌も使い込む事により変化します。初めはラフな手触りですが、足や手によって磨かれることで、次第に滑らかになっていきます。
上述した素晴らしい性能を持ち合わせている事から、古くより高級家具、ピアノ、バイオリン、ライフル銃の銃床、ハーブなどにも利用されています。また、アメリカでは大統領の指揮台や最高裁判所のベンチに、イタリアではミラノ大聖堂の家具など、格式高い施設にも使われています。現在では高級ホテルを始め、バーやレストラン、ショップなどでモダンな空間作りを演出しています。

ブラックウォールナット・ユニ フローリング(セレクトグレード) 施工事例

無垢フローリング ブラックウォールナット
東京都・マンションリノベ N様邸 リフォームしたキッチン周りにもご採用頂きました!
無垢フローリング ブラックウォールナット
収納棚も白色で統一しており、ブラックウォールナットとのコントラストが美しいです。
無垢フローリング ブラックウォールナット
壁面の白とブラックウォールナットのこげ茶色が美しいコントラストをもたらしています。
無垢フローリング ブラックウォールナット
カーテンの色もあいまって、落ち着いた空間となっています。

ピックアップ商品

無垢フローリング【ブラックウォールナット】を全て見る

受付時間:08:00~17:00 (定休日:土日(第1・3土曜日を除く))